安倍首相

経済対策の事業規模「28兆円超」…講演で表明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相=中村藍撮影
安倍晋三首相=中村藍撮影

 安倍晋三首相は27日、福岡市内で講演し、新たに策定する経済対策の事業規模を28兆円超とする方針を表明した。首相は「財政措置の規模で13兆円、事業規模で28兆円を上回る総合的かつ大胆な経済対策を来週、取りまとめたい」と述べた。首相が参院選直後に対策策定を指示した際は「10兆円超の規模」との見方が多かったが、こうした想定の2倍以上の額を示した。財源は明示しなかったが、アベノミクスを推し進める姿勢を鮮明にした。

 首相は「今度の経済対策はしっかりと内需を下支えし、景気の回復軌道を一層確かなものとしなければならない」と強調した。28兆円超の対策は近年では、リーマン・ショック後に麻生政権が策定した2008年12月の対策(事業規模37兆円)や09年4月の対策(同56.8兆円)に次ぐ。8月2日に閣議決定し、今秋の臨時国会に提出する2016年度第2次補正予算案や、17年度当初予算案などに関連予算を計上する。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文997文字)

あわせて読みたい

ニュース特集