育休

男性の取得率2.65%、過去最高 女性81.5%

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男女別育休取得率の推移
男女別育休取得率の推移

 厚生労働省は26日、2015年度の雇用均等基本調査結果を公表し、男性の育児休業取得率が2.65%(前年度比0.35ポイント増)となった。1996年度の統計開始以来、過去最高となった。

 調査は従業員5人以上の5850事業所を対象に、13年10月1日から14年9月30日までに配偶者が出産し、15年10月1日までに育休を開始した男性の割合を調べた。

 男性の取得率は東日本大震災などの影響で12年度に1.89%(同0.74ポイント減)と落ち込んで以来、3年連続の増加となった。前年度取得率が1.58%だった従業員30人以上の企業の取得率が2.3%と上昇し、全体を押し上げたかたちだ。厚労省は02年に少子化対策を打ち出した際、「12年までに10%」の目標を立てたが、過去2度先送りしてきた。現時点でも、20年までに13%という目標にはほど遠い。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文619文字)

あわせて読みたい

注目の特集