メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

育休

男性の取得率2.65%、過去最高 女性81.5%

男女別育休取得率の推移

 厚生労働省は26日、2015年度の雇用均等基本調査結果を公表し、男性の育児休業取得率が2.65%(前年度比0.35ポイント増)となった。1996年度の統計開始以来、過去最高となった。

 調査は従業員5人以上の5850事業所を対象に、13年10月1日から14年9月30日までに配偶者が出産し、15年10月1日までに育休を開始した男性の割合を調べた。

 男性の取得率は東日本大震災などの影響で12年度に1.89%(同0.74ポイント減)と落ち込んで以来、3年連続の増加となった。前年度取得率が1.58%だった従業員30人以上の企業の取得率が2.3%と上昇し、全体を押し上げたかたちだ。厚労省は02年に少子化対策を打ち出した際、「12年までに10%」の目標を立てたが、過去2度先送りしてきた。現時点でも、20年までに13%という目標にはほど遠い。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Snow Man『anan』グラビアで“色気の大渋滞” 2ndシングル発売日に表紙飾る

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  5. 番付が泣く「黒歴史」 大関の優勝、20場所なし 下克上阻止できるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです