メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

二階堂ふみ 「そして、誰もいなくなった」倉元早苗役

二階堂ふみさん=中村藍撮影

 ◆「そして、誰もいなくなった」倉元早苗役(日本テレビ=日本テレビ=日曜午後10時半)

発見の喜び持ち続けたい 二階堂(にかいどう)ふみ

 控室で話すと、どこにでもいる21歳なのに、カメラの前ではキャラクターが憑依(ひょうい)したかのように変わる。映画「脳男」(2013年)の狂気に満ちた少女にも、「問題のあるレストラン」(15年、フジテレビ)の融通の利かない元エリート会社員にも、見事に化けた。それゆえ今作の主人公・藤堂新一(藤原竜也)にぞっこんの婚約者として見せる「しおらしさ」もミステリアスでちょっと怖く映る。何者かに個人情報を乗っ取られ、戸籍上の存在を消された新一の子を身ごもった早苗。「サスペンスとヒューマンなところを出せるキャラクターにできればいいなと思っています」

 映画好きの母の影響で、幼いころから漠然と「スクリーンの向こう側に行けたら」と思った。12歳の時に「…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文846文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです