メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 側溝汚染土、撤去できず 福島など、線量減で対象外に /福島

 東京電力福島第1原発事故に伴い県内市町村が実施する道路側溝の除染を巡り、当初は空間放射線量が除染対象となる国の基準値以上だったものの、時間の経過などで基準を下回り、側溝にたまっていく土砂を撤去できない場所が各地で生じている。除染の対象外になると、国から撤去費用が出ない上、住民が放射線を不安視するため、土砂の処分先を確保できないからだ。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文867文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです