東海アスリート群像

源田壮亮内野手=トヨタ自動車 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JR西日本−トヨタ自動車】七回表JR西日本1死一塁、源田選手が吉沢翔吾選手の打球に飛びつき好捕後、一塁に送球。飛び出したランナーを刺す=東京ドームで21日、梅田麻衣子撮影
【JR西日本−トヨタ自動車】七回表JR西日本1死一塁、源田選手が吉沢翔吾選手の打球に飛びつき好捕後、一塁に送球。飛び出したランナーを刺す=東京ドームで21日、梅田麻衣子撮影

都市対抗野球大会で活躍 自身も初の全国制覇 源田壮亮内野手(23)

 最後の打者の打球をしっかりグラブで捕球した。「一塁に投げたはずだが、大声援でその後を覚えていないんです」。気がつけばマウンドで、皆と歓喜の渦の中にいた。

 東京ドームで26日、日立製作所を相手にした都市対抗野球大会決勝が行われ、悲願の黒獅子旗(優勝旗)を獲得した。その瞬間、自身初めての日本一達成に気持ちが高揚した。

 大分商高時代にコーチから、九州を出て強い大学リーグで戦った方が良いとアドバイスを受け、愛知学院大に進んだ。愛知大学リーグ全8季のうち5季で優勝を経験する。足も速く守備もうまい。4年時は主将になり、春季リーグは最優秀選手にも選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1176文字)

あわせて読みたい