メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ エリザベート、宙組上演 妖しく神秘的な世界に /兵庫

深い闇の中から現れた黄泉の帝王トート(朝夏まなと)=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で

 宝塚歌劇団宙組が宝塚大劇場で、ミュージカル「エリザベート−愛と死の輪舞(ロンド)−」を上演している。1996年の初演以来、今回で9回目の上演となる屈指の人気作品で、上演回数は初日の今月22日に計900回を数えた。舞台は19世紀のオーストリー=ハンガリー帝国。トップスターの朝夏まなとが、黄泉(よみ)の帝王トート(死)にふんし、見る者を、妖(あや)しく神秘的な世界にひきこむ。8月22日まで。【文・釣田祐喜、小寺裕子、写真・山田哲也】

 1853年、貴族の娘として気ままな生活を送っていた15歳のエリザベート(実咲凜音)はある日、綱渡り…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. インスリン使わぬ1型糖尿病治療法 名大グループが発見 臨床応用へNPO資金提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです