メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

南シナ海仲裁判決=宮本アジア研究所代表・元駐中国大使 宮本雄二

 7月12日に出された国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所の判決は、しばらくたってみると、中国のその後の動向をテストする重大な出来事であったと記憶されることだろう。中国が判決に沿ってすぐ動くと想定する人はいない。国家が一丸となって裁判所の管轄権を否定し、判決は「紙くず」だと豪語してきたからだ。しかし結果は全敗だった。中国が、この判決の意味を正確に理解し、対応を徐々に修正するのか、あるいは自分で作り上げた世界に閉じこもるのかで、中国自身の将来だけではなく、世界の将来も全く異なったものとなる。今、その分岐点に立っている。

 突き詰めて言えば、それは中国が、広く21世紀という世界、軍事力と国際法の役割をいかに理解するかの問…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです