メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

LEDが招く「光害」=鴨志田公男

 「両国の花火大会(現在の隅田川花火大会)も、(江戸の)昔は、闇があったからこそ、きれいだったはず」

 北海道富良野市在住の脚本家、倉本聰さんにそう指摘されて、なるほどと膝を打ったことがある。東日本大震災後の節電で、東京の夜が暗くなった時のことだ。

 闇があるからこそ映えるのは天の川も同じだろう。いずれも、夏の夜空の風物詩だ。

 ところが、イタリアや米国の研究者が今年6月に発表した研究報告によると、夜間の照明など人工の光が過剰…

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1097文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです