相模原殺傷

尊厳否定「二重の殺人」全盲・全ろう東大教授

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島智教授
福島智教授

 相模原市の障害者施設殺傷事件を受け、障害者の関係団体が相次いで声明などを発表する中、全盲と全ろうの重複障害を持つ福島智・東京大先端科学技術研究センター教授から「暗たんたる思いに包まれています」というメールが27日、毎日新聞に届いた。福島さんが「今回の事件から考えた原理的な問題」をまとめたという原稿を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1217文字(全文1373文字)

あわせて読みたい

注目の特集