メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土

露、経済協力と切り離す姿勢 記者ビザなし交流

国後島・古釜布(ふるかまっぷ)港の目の前に放置された戦車=北方領土・国後島で2016年7月22日、梅田啓祐撮影

 北方領土問題の解決と日露平和条約締結に強い意欲を示す安倍晋三首相は9月にロシア・ウラジオストクでプーチン大統領と会談し、年内の大統領訪日も模索する。領土問題解決に向け期待が高まるなか、21〜25日に北方領土の国後、色丹両島を「ビザなし交流」の訪問団員として訪れた。垣間見えたのは領土問題と経済協力を切り離そうとするロシア側の姿勢だった。

 北海道の根室港を出発して約3時間。元島民や返還運動の関係者ら約60人の訪問団が乗った旅客船「えとぴ…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1209文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです