メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローマ法王

来年の訪日を検討 36年ぶり、広島訪問も視野

 【クラクフ(ポーランド南部)福島良典】欧州歴訪中の河井克行首相補佐官は28日、バチカン(ローマ法王庁)でカミレリ外務次官と会談した。河井補佐官がフランシスコ・ローマ法王の早期訪日を改めて招請したのに対して、カミレリ次官は「来年の訪日の可能性について真剣に検討したい」と返答した。

 来年7月30日〜8月6日にはインドネシアでキリスト教カトリックの祭典…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです