メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集展

猛暑に「涼」を体感 南極テーマに 県立博物館 /福島

南極観測隊が実際に使った装備品などが展示されている=会津若松市の県立博物館で

 南極の自然と観測をテーマにした特集展が県立博物館(会津若松市城東町)で開かれている。ペンギンやアザラシの剥製、現地で採集した氷など南極を感じさせる展示品が集められており、連日の暑さの中、来館者が一時の涼を楽しんでいる。

 博物館は、南相馬市出身の元南極観測隊員、小元久仁夫さんから寄託された南極の海水や岩石、観測隊の装備品を所蔵している。

 特集展では、これらの所蔵品のほか、アデリーペンギンの剥製や魚の標本など南極の生物の様子を伝える展示…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文456文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです