メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
鬼平を歩く

江戸・東京今昔/38 大川の隠居 小網町 盗みは「武家」から /東京

小網町児童遊園(後方)の手前の道路に思案橋があった

 「武家屋敷の中は警戒が緩い。女性が暮らす奥向き、長局(ながつぼね)は男子禁制で盗みは容易。万一見つかっても逃げやすい」。江戸で最も有名な盗賊の一人、鼠小僧(ねずみこぞう)次郎吉(1797〜1832年)は自白調書「鼠賊白状記」で大名や旗本屋敷を専門に盗みに入った理由を明かしている。侵入した武家屋敷は98カ所、被害金額は3121両。1両10万円として3億1210万円。

 鼠小僧が刑死して15年後の1847年、武家屋敷専門の盗賊、市之助という男が捕まり処刑された。鼠小僧にあこがれ、市之助は小鼠小僧を自称した。「武士はお上から禄(ろく)をもらっているから、家財を盗まれても食いはぐれない。だが町人は盗難にあえば一家は路頭に迷う。盗みに入るのは武家屋敷に限る」。町奉行所の尋問に対して市之助は盗みの哲学を披露した。

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです