メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

孤立招く核心的利益=西川恵

 <kin−gon>

 国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所の判決を、中国政府は「紙くず」と言い放ち、王毅外相はケリー米国務長官に「欧米の都合の良いように結論を出そうとした茶番」と語った。

 東・南シナ海問題をめぐる力をバックにした中国の居丈高な姿勢を見ていると戦前の日本の振る舞いもこれに似たものだったのだろうと思う。状況もコトの性格も違うが、自国の“核心的利益”のためには国際社会の裁定を歯牙にもかけない態度に、満州事変でのリットン調査団報告書を一蹴した日本を思い出す。

 1931年9月、奉天(現・瀋陽)郊外の柳条湖で南満州鉄道が爆破され、日本軍は中国軍一派の犯行と断定…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです