メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑む・RIO2016

/7 ママでもメダルを バレーボール・荒木絵里香(31)

世界最終予選のイタリア戦でリオデジャネイロ五輪出場が決まり、試合後に笑顔を見せる荒木(中央)=東京体育館で5月、小川昌宏撮影

 186センチの長身はブロックが決まると、叫び声を上げて自分と仲間を鼓舞する。2012年ロンドン五輪で28年ぶりにメダルを獲得したチームの主将、荒木絵里香(31)は結婚、出産を経て今年5月、日本代表のコートに復帰した。

 13年6月にラグビー元日本代表の四宮洋平さん(37)と結婚した。妊娠が分かった時から「大好きなバレーは続けたい」と考えていた。08年に移籍したイタリア1部リーグで、出産後もプレーを続ける仲間を見ていた。安定期に入ると早速、プールに通った。

 14年1月に長女和香(わか)ちゃんを出産した。2カ月後からトレーニングを再開し、夜泣きの時は抱きながらスクワットをした。女子7人制ラグビーチーム監督に就いていた四宮さんは「できるなら長く競技を続けた方がいい」と理解があり、母親もサポートしてくれた。

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです