メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こども高野山夏季大学

開講 聖地で感性育む

町石道ハイキングで「ヤッホー」と大声を上げる子供たち=和歌山県高野町で2016年7月28日午後2時45分、西本勝撮影

 「第10回こども高野山夏季大学」(毎日新聞社主催、雪印メグミルク特別協賛)が28日、世界遺産・高野山(和歌山県高野町)で始まった。弘法大師・空海が開いた山上の聖地を学びの場にさまざまな体験学習や講座が用意され、全国からの小学4〜6年生60人が、山内の宿坊寺院「常喜院」で3泊4日の共同生活をしながら…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 科学の森 新分子で「魔女の雑草」撲滅を アフリカ食糧問題に光明

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです