メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローマ法王

来年の訪日検討…広島訪問の観測も

ポーランド南部クラクフ郊外の空港に到着し、出迎えを受けるフランシスコ・ローマ法王(中央)=27日、福島良典撮影

 【クラクフ(ポーランド南部)福島良典】欧州歴訪中の河井克行首相補佐官は28日、バチカン(ローマ法王庁)でカミレリ外務次官と会談した。河井補佐官がフランシスコ・ローマ法王の早期訪日を改めて招請したのに対して、カミレリ次官は「来年の訪日の可能性について真剣に検討したい」と返答した。

 来年7月30日〜8月6日にはインドネシアでキリスト教カトリックの祭典「アジア青年の日」が開催される予定で、日本側は同祭典に合わせた訪日の実現に期待を寄せている。法王訪日が…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです