無尾翼機

ナウシカ「メーヴェ」よ 白く美しく 大空舞え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

31日、北海道滝川の航空イベントで、初の公開テスト飛行

 宮崎駿監督の作品「風の谷のナウシカ」で主人公が使った飛行装置「メーヴェ」をモデルにしたジェットエンジン搭載の無尾翼機が31日、北海道滝川市である航空イベントで、初めて公開テスト飛行をする。

 実現したのは、メディアアーティストの八谷和彦さん(50)=東京都渋谷区。機体は幅9.6メートル、全長2.7メートル、重さ約100キロで、ジェットエンジンの左右に木製の骨組みにフィルムを張ったカモメ(ドイツ語でメーヴェ)のような白い翼が伸びる。

 詳細な設計や製造は小型機やグライダーの開発・製作メーカーが担当。八谷さん自身が機体の上に寝そべった姿勢でエンジンの出力を調整し、体重移動で操縦する。尾翼がなく安定性を高めることに苦労したが「結果的に航空力学的に実現可能な形だった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文878文字)

あわせて読みたい

注目の特集