阪大

大学院の入試出題ミス

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪大は28日、昨年8月にあった大学院工学研究科(博士前期課程)の一般入試で出題ミスがあったと発表した。今年の受験生が過去問題を解き、約1年後になってミスが発覚した。合否判定には影響はなかった。

 ミスがあったのは「電磁気工学2」の問題で、文中の数式に誤りがあった。今年の試験を受験予定の阪大4年の学…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

あわせて読みたい

注目の特集