メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

青森県 日本キリスト教団弘前教会 洋館に息づく和の粋 /宮城

弘前教会の正面。内部の柱などには青森県産ヒバが使われている

 キリスト教が明治期に東北で最も早く伝わった青森県弘前市には、キリスト教関係の建築が数多くある。その第1号は1875年に設立されたプロテスタント教会の日本キリスト教団弘前教会(当時は弘前公会)だ。

 元弘前藩士でキリスト教に改宗した本多庸一(1849〜1912年)が1874年、弘前藩校をルーツに持つキリスト教主義教育の東奥義塾を設立し、英語教師として米国人のジョン・イング宣教師を招いたのが契機だった。本多は木造平屋の教会で初代牧師として布教に励む傍ら、板垣退助らを招き、自由民権運動の拠点にして活動していた。後には青山学院院長や日本メソジスト教会の初代監督も務めている。そしてイング宣教師がクリスマスに合わせて故郷・インディアナ州から取り寄せたリンゴは、津軽のリンゴ王国を育んだ源流の一つとされる。

 現在の教会は3代目の建物。1906(明治39)年、双塔式ゴシック風の木造一部2階建て(塔の高さ20…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文1063文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです