メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

円山応震

「琵琶湖図」の絵、シーボルトは見た 「NIPPON」図版、構図が一致 県教委・井上さんの研究で判明 /滋賀

 円山応挙の孫、応震(おうしん)(1790〜1838)が描いた「琵琶湖図」=県立琵琶湖文化館所蔵=の構図を、江戸後期に来日したドイツ人医師のシーボルト(1796〜1866)が見聞記「NIPPON」の図版に取り入れたとみられることが、県教委文化財保護課係長、井上優さんの研究で分かった。琵琶湖図には朝鮮王朝の外交使節団「朝鮮通信使」が描かれ、日韓歴史資料の一つとして今年3月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に申請されており、登録されればシーボルトも見た絵として世界的に注目されそうだ。【北出昭】

 井上さんは、応震はどこから琵琶湖を見て描いたかを調べるうち、三井寺から比良山▽大津から瀬田▽瀬田か…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1001文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  4. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  5. 詐欺 岐阜大発注装い、温水便座を詐取 容疑の職員再逮捕 /岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです