メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

復興住宅の退去、再々判定申し出 神戸の男性方針 /兵庫

 阪神大震災の被災者向けに県が20年間の契約で都市再生機構(UR)から借り上げた復興住宅で、期限後の継続入居を認められなかった男性が29日、2度目の再判定を申し出る方針を明らかにした。情報公開請求で開示された継続入居不可とした再判定会議の議事録から、「転居による弊害の具体的検討がされていない」と主張…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文312文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです