メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

烏鷺日和

女性も世界戦進出に自信=金沢盛栄(編集委員)

 <烏鷺日和(うろびより)>

 人工知能(AI)による世界トップ棋士の撃破、井山裕太本因坊の7冠制覇と今年の囲碁界は強烈な出来事が二つ起きた。ともに百年単位の“大事件”。しばらくは何もないだろうと思っていたら、3度目の衝撃が走った。謝依旻(シェイイミン)六段(26)が女流の全5タイトル(女流本因坊・女流名人・女流棋聖・扇興杯・会津中央病院杯)制覇を成し遂げたのだ。

 謝は滋賀県東近江市で17日打たれた第1回扇興杯の決勝で、向井千瑛五段を破った。これにより、謝は女流…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです