メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土用の丑の日

夏を乗り切ろう…うなぎ店に列 大阪

土用の丑の日に手際よく焼かれていくウナギ=大阪市生野区の「舟屋」で2016年7月30日、山崎一輝撮影

 土用の丑(うし)の日の30日、各地で大勢の人がウナギを食べて夏を乗り切ろうと買い求めた。大阪市生野区の専門店「舟屋」でも、かば焼きの香りに吸い込まれるように、午前10時半の開店前から多くの人で列をつくった。

 同店は愛知県産を仕入れている。取引価格は2013年がピークで近年は落ち着いていたが、今年は…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです