JR只見線

一部不通5年、観光資源埋もれ 復活は悲願

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新潟・福島豪雨で一部が只見川に流失したままのJR只見線の鉄橋=金山町で
新潟・福島豪雨で一部が只見川に流失したままのJR只見線の鉄橋=金山町で

JRの再開案 地元負担重く障害に

 2011年の新潟・福島豪雨で、JR只見線の鉄橋などが流失し、一部区間が不通になってから29日で丸5年が過ぎた。JR東日本は、沿線自治体が復旧費や運行で生じる赤字の一部を負担する形での再開案を示しており、完全復旧への道のりは険しい。只見線は全国から写真愛好家や鉄道ファンを呼び寄せる観光資源としての価値が大きく、地元住民や自治体は鉄路復活に地域振興の期待もかけている。【岸慶太】

 24日午後、新潟方面からの乗客を乗せた列車がゆっくりと只見駅に到着した。ここから先の会津川口駅までの27.6キロは5年前から不通のままだ。10人ほどの旅行客らはホームに降り立つと、名残惜しそうに列車をカメラに収め、駅前のバスへと乗り込んでいった。

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1549文字)

あわせて読みたい

ニュース特集