メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陛下生前退位意向

「国民の受け止め重要」政府、慎重対応

 生前退位の意向を宮内庁関係者に示した天皇陛下が8月8日にもお気持ちを表明されることで同庁が調整していることに関し、政府は慎重に対応する方針だ。政府内で議論を急ぐよりも、陛下の意向を世論がどう受け止めるかを慎重に見極めたい考えだ。

 菅義偉官房長官は29日の記者会見で「報道については承知しているが、政府としてコメントは差し控えたい」とのみ語った。

 憲法4条は「天皇は国政に関する権能を有しない」と規定。陛下の意向を受けて政府が皇室典範の改正などに…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです