箸墓古墳

「周辺を国史跡に」桜井市教委が申請

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
箸墓古墳=本社ヘリから小松雄介撮影
箸墓古墳=本社ヘリから小松雄介撮影

商業施設計画が持ち上がり

 最古の大型前方後円墳で卑弥呼の墓とも言われる奈良県桜井市の箸墓(はしはか)古墳(全長約280メートル、3世紀中ごろ〜後半)について、市教委が周辺の史跡指定を国に申請したことが分かった。古墳そばに商業施設計画が持ち上がったのを機に、開発が規制される史跡指定を目指すことにした。国の文化審議会で今後検討される。

 箸墓古墳は、ヤマト王権の形成過程などを考える上で重要な墳墓とされる。古墳自体は、宮内庁が孝霊天皇の皇女、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の墓として管理している。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文646文字)

あわせて読みたい

注目の特集