メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 財政投融資のメリットは?=回答・横山三加子

国民負担、発生しにくく 金利上昇がリスク

 なるほドリーマン君 政府が新たな経済対策に盛り込む財政投融資(財投)ってどういうもの?

 記者 政府が国債の一種である「財投債」を発行して投資家に借りたお金を、民間が取り組む事業に貸し出す仕組みです。「財投債」として売り出すわけではないので国債を買う投資家に見分けはつきません。普通の銀行なら「リスクが高い」と腰が引けるような事業でも長期にわたって低利で貸します。道路や橋の建設に使った税金は国に戻りませんが、財投なら借りた企業は信用にかかわるので返済しようとするため、基本的に国民負担になりません。

この記事は有料記事です。

残り1595文字(全文1865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです