メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションNote

2017春夏ミラノ・パリ メンズコレクション 機能美をモードに

(写真左から)[1]Y−3=藤山和久撮影、[2]プラダ=島村幸志撮影、[3]ジバンシィ・バイ・リカルド・ティッシ=島村幸志撮影、[4]ルイ・ヴィトン Ludwig Bonnet

 2017年の春夏物を発表する伊ミラノ、パリ・メンズコレクションが6月中旬から下旬に開催された。現地を取材したファッションジャーナリストの増田海治郎さんに、注目のトレンドを解説してもらった。

 ●3Dで未来表現

 世界中で頻発するテロの影響は、直接的ではないにせよ、ファッション業界にも暗い影を落としている。パリの百貨店やセレクトショップのセールは明らかに盛り上がりに欠け、街の人々の目がファッションに向いていない印象だ。ファッションショー自体も大規模なものが少なくなり、リアルクローズを提案するブランドが目立った。そうした中で共通項として見受けられたのが、流行や使う場所に左右されにくい「機能性」だ。

 山本耀司が手掛けるアディダスのY−3は、(1)SF映画に描かれた未来(2)技術の進歩がもたらす想像…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1185文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです