メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『政治学への扉』=永山博之、富崎隆ほか著

 (一藝社・2592円)

 学生向けのまじめな政治学の入門書なのだが、それだけではない。まず「はじめに」がとても正直だ。

 「自分が若かった頃はすでに、いわゆる政治参加の季節は過ぎていた。大学内で政治のことを議論するのは、『変わった人』だけだった」。そう述懐する執筆陣は40〜50代。

 「政治学を仕事にするような人間はもともと『変わった人』なので、そのような自覚はわたしたちにもあった」という前…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
  5. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです