雑記帳

土用の丑の日の30日…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 土用(どよう)の丑(うし)の日の30日、熊本市の祭りでナマズのかば焼きが屋台で売られた。企画した和食店の店主は「ナマズが暴れると地震が起きる。だったら食べて鎮めてやる」。

 近畿大が開発した「ウナギ味のナマズ」を特製たれでこんがり焼いた身はウナギそのもの。女性客(30)も「肉厚でふっくらしていて味は…

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文252文字)

あわせて読みたい

注目の特集