メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラテロ

立命大元准教授、資金援助か 犯行組織に

人質テロ事件の現場となった「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」=ダッカで2016年7月8日、代表撮影

 【ダッカ金子淳】日本人7人を含む人質20人が殺害されたバングラデシュの首都ダッカの人質テロ事件で、容疑者グループは地元過激派が2014年ごろに分裂して結成された新たな組織に所属していたとみられることが、バングラ捜査当局の調べで分かった。この組織は過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓い、バングラ警察が行方を追う立命館大学(京都市)の元准教授から資金援助を受けていた疑いも浮上している。事件は来月1日で発生から1カ月を迎える。

 捜査当局者によると、容疑者グループは地元過激派組織「ジャマトル・ムジャヒディン・バングラデシュ」(JMB)の分派「ネオJMB」のメンバーとみられる。ネオJMBの構成員は数百人。多くは大学やマドラサ(イスラム教神学校)の学生たちだ。

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1203文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです