土用の丑の日

ナマズかば焼きに「満足」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
近大ナマズのかば焼きを手にした浴衣姿の女性=熊本市中央区の城見通りで2016年7月30日午後4時4分、柿崎誠撮影
近大ナマズのかば焼きを手にした浴衣姿の女性=熊本市中央区の城見通りで2016年7月30日午後4時4分、柿崎誠撮影

 土用(どよう)の丑(うし)の日の30日、熊本市の祭りでナマズのかば焼きが屋台で売られた。企画した和食店の店主は「ナマズが暴れると地震が起きる。だったら食べて鎮めてやる」。

 近畿大が開発した「ウナギ味のナマズ」を特製たれでこんがり焼いた身はウナギそのもの。女性客(30)も「肉厚でふっくらしていて味は…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文249文字)

あわせて読みたい

注目の特集