メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土用の丑の日

ナマズかば焼きに「満足」

近大ナマズのかば焼きを手にした浴衣姿の女性=熊本市中央区の城見通りで2016年7月30日午後4時4分、柿崎誠撮影

 土用(どよう)の丑(うし)の日の30日、熊本市の祭りでナマズのかば焼きが屋台で売られた。企画した和食店の店主は「ナマズが暴れると地震が起きる。だったら食べて鎮めてやる」。

 近畿大が開発した「ウナギ味のナマズ」を特製たれでこんがり焼いた身はウナギそのもの。女性客(30)も「肉厚でふっくらしていて味は…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文249文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです