リオ五輪

セーリングの水質心配 「巨大なトイレ」指摘も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
セーリングの拠点となるグロリアマリーナと会場となるグワナバラ湾。奥にはポン・ジ・アスーカルが見える=リオデジャネイロで2016年7月18日、本社チャーターヘリから梅村直承撮影
セーリングの拠点となるグロリアマリーナと会場となるグワナバラ湾。奥にはポン・ジ・アスーカルが見える=リオデジャネイロで2016年7月18日、本社チャーターヘリから梅村直承撮影

 【リオデジャネイロ田原和宏】8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪の深刻な課題の一つがセーリング競技が行われるグワナバラ湾の水質だ。国際オリンピック委員会(IOC)は「水質のレベルは改善されている」と評価するが、リオ市在住の生物学者で環境保護運動に取り組むマリオ・モスカテリ氏(52)は「『巨大なトイレ』と呼ばれる状況は何一つ変わっていない」と指摘する。

 リオ市では下水処理施設の整備の遅れから今もなお直接下水がグワナバラ湾に流れ込み、場所によっては水面から異臭が漂う。水質の指標となる水中に溶け込む酸素の量が極めて低いという。五輪招致で政府は汚水の80%以上を浄化処理するとしたが、20年以上も湾の観察を続けてきたモスカテリ氏によれば、湾に流れ込む55の河川のうち49が「死んでいる状態」だという。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文886文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集