メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Topics

「芸の真髄」シリーズ 庶民の権利、作品の普遍性

野村萬さん

 能、狂言の名手が顔をそろえる「芸の真髄シリーズ」の第10回「能狂言の名人『幽玄の花』」が24日午後5時半、東京・国立劇場大劇場で催される。「清水」のシテをつとめる狂言方和泉流の野村萬(まん)に話を聞いた。

 シテの太郎冠者は、主(あるじ)から茶会に用いる水を汲(く)んでくるように命じられたのを迷惑に思い、鬼に襲われたと偽りを言って逃れようとする。ところが太郎冠者が捨てた秘蔵の桶(おけ)を主が取りに行くと言い出す。太郎冠者は鬼に成りすまして先回りする……。

 鬼に化けた太郎冠者は主に向かい、「太郎冠者に蚊帳を吊(つ)ってやれ」などと要求を突きつける。上演記…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文577文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです