ローマ法王

「問題は過激派」 イスラム教擁護

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ローマ法王特別機中で福島良典】フランシスコ・ローマ法王は7月31日、フランスで起きたカトリック神父殺害などのテロについて「『イスラム教徒がテロリストだ』と言うのは間違っている」と述べた。問題は過激派組織「イスラム国」(IS)などの原理主義組織にあると強調し、イスラム教を擁護した。

 ポーランド訪問の帰路、特別機中で、IS…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文323文字)

あわせて読みたい

注目の特集