切断ヴィーナスショー

「義足に誇り」優美に パラ出場予定の大西さんら7人が中能登で /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
きらびやかな衣装を身にまとい、ポーズを取る大西瞳さん(左から3人目)ら義足の女性モデルたち=石川県中能登町のレクトピアパークで、金志尚撮影
きらびやかな衣装を身にまとい、ポーズを取る大西瞳さん(左から3人目)ら義足の女性モデルたち=石川県中能登町のレクトピアパークで、金志尚撮影

 義足の女性がきらびやかな衣装姿を披露する「切断ヴィーナスショー」が7月30日夜、中能登町のレクトピアパークで開かれた。障害者に対する否定的なイメージを変えようと企画され、10〜50代の女性7人が舞台上で優美な振る舞いを見せた。

 東京を拠点に活動する写真家の越智貴雄さん(37)が中能登町との共催で開いた。越智さんは2014年に義足女性をモデルにした写真集「切断ヴィーナ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集