メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

切断ヴィーナスショー

「義足に誇り」優美に パラ出場予定の大西さんら7人が中能登で /石川

きらびやかな衣装を身にまとい、ポーズを取る大西瞳さん(左から3人目)ら義足の女性モデルたち=石川県中能登町のレクトピアパークで、金志尚撮影

 義足の女性がきらびやかな衣装姿を披露する「切断ヴィーナスショー」が7月30日夜、中能登町のレクトピアパークで開かれた。障害者に対する否定的なイメージを変えようと企画され、10〜50代の女性7人が舞台上で優美な振る舞いを見せた。

 東京を拠点に活動する写真家の越智貴雄さん(37)が中能登町との共催で開いた。越智さんは2014年に義足女性をモデルにした写真集「切断ヴィーナ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです