メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

ネット統制、法律や通達続々 体制の維持・強化図る

中国浙江省のインターネットカフェでオンラインゲームを楽しむ若者たち。6億人以上がネットを利用する中国ではネット管理を強める法規制が相次いでいる=AP

 中国当局がインターネットの管理を強化し、独自のネット統制を盛り込んだ法律や通達を次々に定めている。欧米の影響を受けた言論がネット上で広がることに対し当局が警戒を強め、統制によって体制の維持を図る狙いがあるとの見方が出ている。【北京・石原聖】

 中国は昨年7月、国家安全法を制定して、ネットや文化・イデオロギーなど広範な分野で国家の安全を確保すると規定した。同年12月には反テロ法を成立させ、当局が捜査で通信の暗号キーが必要になった際、プロバイダーに事実上、提供を義務づけた。「安全」や「テロ」の定義は曖昧で、当局の解釈次第で範囲が広がる恐れがある。

 今年3月には、ホームページなどの住所に当たる「ドメイン」の管理を強化するドメイン管理弁法改正案を公表した。施行されれば「.jp」などの海外登録ドメインには、中国から接続できなくなる可能性がある。ネットへの書き込みの実名制や突発事件の際にネットを遮断することなどを盛り込んだネット安全法案の審議も進んでいる。

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  4. 原付きバイクで名古屋高速走行の疑い 「ウーバーイーツ」宅配中か、愛知県警が捜査

  5. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです