メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞1946

新聞ゼネスト 足並み乱れ失敗

1000万人餓死者予想がなされる中、学童たちは食糧メーデーに参加した=1946年5月19日

 「ストを決行する」「やめろ」。1946年10月4日深夜、東京・有楽町にあった毎日新聞東京本社の2階は殺気立つ労働組合員であふれかえった。

 5日午前0時から新聞ゼネストに突入せよ、つまり5日紙面の発行をやめよとの産別組織「日本新聞通信放送労組」(新聞単一)の決議に対し、毎日新聞はじめ加盟する58の新聞や通信社の支部はぎりぎりまで議論を続けていた。しかし、新聞単一の委員長を出す朝日新聞支部の離脱が伝わると、毎日新聞はじめ多くの支部も相次ぎ中止を決め、ストは腰砕けに終わった。他社が発行するならうちもストはできない、といった企業意識が急速に広まったと「新聞労連運動の歴史」は記している。

 毎日新聞紙面でも新聞ゼネストを巡る動きは連日取り上げられた。スト直前の10月3日社説は、決行すれば…

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1438文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです