メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・スローらいふ

学び生かしてボランティア

1人暮らしの佐々木隆三さん(中央)に熱中症予防について説明する「江戸川みまもり隊」の伊久美明代表(左)ら=東京都江戸川区で

 学習に基づくボランティア、「学ボラ」が高齢者に人気を呼んでいる。学習によって自ら課題を見つけ出し、研さんを重ね、ボランティアの質を高める達成感が大きな魅力になっているようだ。

 「こんにちは。熱中症に気をつけて」。細い路地に古い住宅が密集する東京都江戸川区江戸川1丁目。伊久美明さん(68)らが1人暮らしの高齢者を一軒一軒訪ねていく。佐々木隆三さん(81)は「来てくれると安心」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1263文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです