メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
遠距離家族

遠距離家族のいま 子育て編 仕事と家庭、幸せの形は万別

子ども向けの理科教室で習ったばかりの工作にチャレンジする川村匡さん、内田由紀子さんと長男=京都市で、中本泰代撮影

 仕事と育児を巡る夫婦間のバランスは百人百様。「子育て編」最終回は、それぞれのキャリアと家族の幸せをひたむきに模索してきた人たちの歩みを紹介する。【遠距離家族取材班】

「合計のキャリア」追求し別居/子どもの成長に合わせ働き方選択

 「今朝行った理科教室の続きしようか」。川村匡(ただし)さん(37)と長男(6)がテーブルで折り紙工作を始めた。台所では妻の内田由紀子さん(41)がお茶の用意をしている。穏やかな週末の午後。結婚当初から別居を続ける夫婦にとって、大切なひとときだ。

 東京で文部科学省の官僚として働く匡さんと、社会心理学者の由紀子さんは2003年に結婚。式の10日後…

この記事は有料記事です。

残り2423文字(全文2709文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです