特集

2016 都知事選

毎日新聞の2016年東京都知事選の特集ページです。ニュースや候補者の名鑑、公約など、投票に役立つ情報をお伝えします。

特集一覧

都知事選

五輪費用「適正化」試金石に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
当選確実となり支援者と握手する元防衛相の小池百合子氏=東京都豊島区で2016年7月31日、竹内幹撮影
当選確実となり支援者と握手する元防衛相の小池百合子氏=東京都豊島区で2016年7月31日、竹内幹撮影

 4年後に迫る東京五輪・パラリンピックに向け、新東京都知事が果たす役割は重要だ。大会開催費の膨張を抑制するための国際オリンピック委員会(IOC)との交渉力、大会組織委員会や国と費用分担の見直しを進める調整力が問われる。

 招致段階で7340億円と見積もられた開催費は、建設資材や人件費の高騰で2兆円にも上ると試算される。8月3日のIOC総会で開催都市提案している野球・ソフトボールなど5競技18種目の追加が実現すれば、さらに費用は膨らむ。IOCの理解を得つつ、会場機能の簡素化も検討…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る