メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

元横綱・千代の富士、九重親方が死去 61歳

九重親方=2015年5月、小川昌宏撮影

 大相撲の第58代横綱で歴代3位の優勝31回を果たし、角界初の国民栄誉賞も受賞した「昭和の大横綱」、千代の富士の九重親方(ここのえおやかた、本名・秋元貢=あきもと・みつぐ)が31日、膵臓(すいぞう)がんのため入院先の東京都内の病院で亡くなった。61歳。通夜は6日午後6時、葬儀は7日正午、東京都墨田区石原4の22の4の九重部屋。喪主は妻久美子(くみこ)さん。

 北海道福島町出身。15歳で元横綱・千代の山が師匠の九重部屋に入門し、1970年9月の秋場所で初土俵を踏んだ。体重の軽い小兵ながら、抜群の運動神経を生かして出世し、74年九州場所で新十両、75年秋場所で新入幕を果たした。

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです