メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

from OTTAVA

「発見してほしい」選曲にこだわり 林田直樹さん

「同じタイプの曲を続けて流さないのは『発見』してほしいから」と話す林田さん

「PrimeSeat/OTTAVA Liberta」(木、金曜午後2~5時)

 「古典派やロマン派は“肉”、現代曲は“野菜”。肉ばかりじゃ胃もたれするし、野菜だけだと飽きるでしょう」。クラシック音楽専門のインターネットラジオ「OTTAVA」で、「PrimeSeat/OTTAVA Liberta」木、金曜を担当する音楽ジャーナリスト、林田直樹さん(53)。選曲には独自のこだわりがある。「勝負曲を決める」「一度もかかっていない曲を流す」。それでいて、曲順などは決めずにスタジオ入りする。「ポケットに色とりどりのキャンディーを持っていて、いつでも何でも出せるおじさんみたいになりたい」

 「勝負曲」とは? 「日本人にとってキラーコンテンツはピアノのきれいな音。だからピアノを使いすぎない。例えば、マーラーの交響曲をたっぷり流して『ピアノ曲を聴きたい!』という飢餓感を高めてから、かける」。曲が流れている間、リスナーの反応を妄想して楽しむこともある。「声楽のあとはギター、明るい曲から暗い曲へ、管楽器の次に弦楽器……。同じタイプの曲を続けないのは『発見』してほしいから」。流れる曲にふと手…

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです