メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉祥天

秘仏を初公開 日光開山1250年記念 輪王寺別院・中禅寺、来年11月まで /栃木

吉祥天(右端)を拝む参拝者=日光市の中禅寺で

 勝道上人(しょうどうしょうにん)(735〜817年)による日光開山1250年を記念し、日光市の中禅寺湖畔に建つ日光山輪王寺の別院・中禅寺は31日、秘仏の天女像「吉祥天(きっしょうてん)」を初めて公開した。【花野井誠】

 吉祥天は高さ約60センチ、幅約15センチの木像。左手には願い事を思い通りにかなえるとされる宝珠を携えている。作者は不明で、制作年代は鎌倉時代とも室町時代とも言われている。

 中禅寺によると、勝道上人が男体山登頂を成し遂げた後、中禅寺湖畔に天女が降り立ち、舞をささげて偉業をたたえたとされている。天女が降り立った岸は歌ケ浜と呼ばれるようになり、岸辺の中禅寺では天女伝説として語り継がれるようになった。これまで秘仏としてあがめてきたが、日光開山1250年を祝い「吉祥天の福徳を授かり、日光の歴史に思いを寄せてほしい」と初公開に踏み切った。

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです