メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

SABミラー社買収とポンド下落=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 国際的なM&A(企業の合併・買収)には不確定要素が伴う。第一は、企業規模の巨大化による、競争制限の発生だ。第二はM&Aの合意から最終契約に至るまでの期間の通貨変動などだ。ファンドの一部はM&Aの合意以降に被合併会社の株式取得をあえて行う。買い取り価格が不当に安いと主張して値上がり益を狙うのだ。

 アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)のSABミラー取得はビール業界の世界的な寡占秩序に直結する。そこで各国の独禁当局の判断を見計らって、SABミラー傘下の一部の企業を事前に分割して売却の段取りを整えた。このため、米国、欧州連合(EU)、南アフリカ共和国、中…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです