自民

困った、小池氏処分どうする…大差で都知事選当選に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都知事選で当選確実となり支援者らと喜ぶ元防衛相の小池百合子氏(中央)。中央左は衆院議員の若狭勝氏=東京都豊島区で2016年7月31日午後8時14分、宮間俊樹撮影
東京都知事選で当選確実となり支援者らと喜ぶ元防衛相の小池百合子氏(中央)。中央左は衆院議員の若狭勝氏=東京都豊島区で2016年7月31日午後8時14分、宮間俊樹撮影

 自民党が7月31日の東京都知事選で初当選した小池百合子氏(64)の処分を巡って苦慮している。同党などが推薦した増田寛也氏(64)が約112万票の大差で敗れたのは、自民支持層が小池氏に流れたのも一因。強引に処分すれば支持層が離反し、来年の都議選に影響するためだ。【加藤明子、松本晃】

 自民党都連に所属する下村博文総裁特別補佐は1日、テレビ朝日の番組で「反党行為だったのは事実だ。除名か除籍か離党か、何もしないことはあり得ない」と明言した。同時に「対立構図はマイナスだ。協力するところは協力する」とも述べた。

 政府・与党にとって、2020年の東京五輪・パラリンピックをはじめ待機児童対策や女性活躍などで都との連携は欠かせない。自民党都連のベテラン国会議員は「小池氏の後ろには290万票がある」と軟着陸に期待する。小池氏といずれは関係を修復しなければならないという見方は少なくないが、軽い処分では組織が緩む恐れがあり、自民党はジレンマに陥っている。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文942文字)

あわせて読みたい