メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ベルギー

起業支援でテロ防止 実行犯拠点で住民ら

完成間近の新オフィスのデザインを前に「『テロリストの温床』というイメージを変えたい」と話すウアサリさん(右)=ブリュッセルのモレンベーク地区で、八田浩輔撮影

 【ブリュッセル八田浩輔】昨年と今年、パリとベルギーで相次いだ同時テロの実行犯らの拠点となったブリュッセル西部モレンベーク地区で、IT(情報技術)の習得や起業支援のプロジェクトが進んでいる。移民系のイスラム教徒が多く、失業率が相対的に高い同地区で起業意識を高め、「テロの温床」というイメージの払拭(ふっしょく)につなげる狙いがある。

 プロジェクトは昨年5月に発足。コンピューターの知識や技術に精通する人を指す英語の「ギーク」と地名を…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1117文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです