気象庁

緊急地震速報「東京湾で震度7」15秒後取り消し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
スマートフォンのアプリの画面に表示された気象庁が誤配信した緊急地震速報
スマートフォンのアプリの画面に表示された気象庁が誤配信した緊急地震速報

気象庁「雷の影響で振動観測の可能性」

 気象庁は1日午後5時9分、東京湾付近を震源とする最大マグニチュード(M)9.1、4都県で震度7の地震が予想されるとして緊急地震速報を出し、約15秒後に取り消した。揺れはなかった。千葉県富津市の観測点1点で地震とは異なる振動を観測したことが原因とみられ、気象庁は「雷の影響で振動を観測した可能性がある」としている。

 気象庁によると、3分後にも千葉県富津市付近で震度5弱以上の地震を予測する速報を発表したが、これも揺れはなく、振動が原因とみられる。気象庁は「振動を観測した場合、緊急地震速報を出すことはある。ミスではない」としている。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文460文字)

あわせて読みたい

ニュース特集