メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
被団協

事務局長、米大統領「所感」評価を後悔

日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の事務局長、田中熙巳さん=福島祥撮影

「死を抽象化している。絶対に認められない」

 オバマ米大統領が広島を訪れた5月27日。式典に臨席した日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の事務局長、田中熙巳(てるみ)さん(84)=埼玉県新座市=は、オバマ氏の「所感」を直後の記者会見で「素晴らしい」と評価した。そのことを悔いてつづった「反省の記」が今、田中さんの手元にある。オバマ氏が「死が降ってきて」と表現したことに、後から気づいたからだ。「死を『作った』んだ。謝罪の証しとして、核兵器をなくしてほしい」と、一刻も早い核兵器廃絶の実現を訴え続けている。

 現職の米大統領として初めてオバマ氏が広島を訪れたあの日、田中さんは被団協メンバー2人と平和記念公園…

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1211文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです